«

»

4月 20

ピクニックがまさかの惨劇に・・・緑色の○○にはご用心!

あれは忘れもしない、とある休日の出来事でした。まさか○○に触れたことによって、顔が大きくはれ上がってしまうとは・・・。

我が家には3歳になる男の子がいるんですが、じっとしている事が出来ない活発な男の子なんです。平日、我が子の面倒をみて一緒に過ごしているだけでヘトヘトに。

家族でピクニックへ

お弁当を食べてピクニックを楽しむ家族

そんな私を見ていた旦那が気を遣ってくれて「今日は天気も良いから国営の大きな公園にピクニックに行こう!!」ということで、気晴らしに家族で出かける事になりました。

お弁当やお茶、レジャーシート・・・準備は大変だけど、ピクニックとなると心が躍るのが不思議です。

実は、旦那はこのピクニックだけでなく、普段から休日には子供を色んな所に連れて出掛けてくれます。内心は家でまったりとしたいはずなんですが・・・。

そのため、息子は、パパのことが大好き!「パパが家にいる=どこかに遊びに連れて行ってくれる」ものだと思っているからです。ただ、連れていってもらえないとなると大暴れ・・・。

そんな暴れん坊の我が子を、その日はピクニックに出かけて放牧するのでした(笑)。

息子に異常事態発生!!

いつもなら公園に到着するやいなや走り回る子なのですが、この日はなにやら見つけたようで、ずーっと手になにかを握りしめていました。

時折「かわいいねー、かわいいねー」と声をかけてはニマニマ。

いったい何に声をかけてるのかと首を傾げつつ、園内を歩いていたところ、息子が突然発狂!!

何が起こったのかと息子の顔を覗き込んでみると、目も口もはれ上がってすごいことに・・・。

「なんでこんなことに?何か触ったの??」とたずねると、息子の小さな手に握りしめられていたものは

カエル!!

葉の上に載っているカエル

カエルの粘液がついた手で顔全体に触れてしまい、はれ上がってしまったのです。これには驚いてしまい、園のスタッフに相談し、近くにある休日診療をしている病院へ行くことに。

病院の先生からも「かえるの粘液に負けてしまったんだねー」とのこと。飲み薬と軟膏と目薬を処方してもらい、服用したことで一気に腫れは消えてなくなりました。

あれ以来、息子はカエルに触れることは無くなってしまいました。私たち夫婦もあれ以来、カエルには敏感に反応するように。カエル・・・恐るべし!!