«

9月 03

脇の下にできた大きなシミ

シミ“といえば顔にできるモノと思っている人は多いかもしれませんが、顔以外にもできることがあります。実際に私の体にも大きなシミができた事があります。

いつできたのかはわからないのですが、1年以内であることは確かです。夏のある日、わきの下の手入れをしようとした時に、そのことに気が付きました。

脇の下にできた大きなシミ

まずシミのサイズですが巨大です。直径にしておおよそ10センチぐらい・・・。顔にできていたらショック死するレベルです。

形状はシミというよりは打撲のような感じですが、色や皮膚の変化などはまさにシミそのものなんです。

脇を気にする女性

そして、そのシミができた場所は「脇の下」です。どこかに誤ってぶつける場所ではないため、何らかの理由でできてしまったと思われます。

ひとつ心当たりがあり、私は関節リウマチを発症してから1年間くらいの間、片方の腕が上に伸ばせず横にも広げられない状態になっていました。かといってしっかり脇を閉じる事もできず、半開きのまま固まってしまった貝のような状態だったのです。

幸い投薬で薬の効き目が出てくると、もう上がることはないように思えていた手があげられるようになり、通常の生活に戻りましたが、ここ数年再発して悪化してきたため、薬の種類を変え量を増やしていたところでした。

おそらくそうした事が原因でなんらかの異変がシミとなって表れたのかと思います。

もう1つ考えられるのは、リウマチの薬です。リウマチはなかなか寛解する病気ではないので、ずっと薬を服用し続けていました。その薬の副作用も原因の1つではないのかなと考えています。良く効く薬なのですが、やはり不自然なことも多いのでしょう。

原因はなんであれ出来てしまったものは仕方ありません。ただ大きさも大きさですから、ホワイトニングやハイチオールCどころのレベルではありません。肌だけではなく、気持ちまで黒く染められている気分です。鏡を見ながら、自分がなんだか傷んだ果物みたいで嫌だと思ってしまいました。