Category: みんなの体験談

人生で一番辛かったかもしれない扁桃腺炎

疲れ

扁桃腺は喉の腫れに伴い、関節痛や発熱などを発症します。喉が腫れてしまうので、食事をする際に喉の痛みがひどくなります。そのため、食欲が無くなってしまう事も有ります。人によっては高熱を伴う場合もあるので、侮れない病気の一つです。

子ども(幼少時)の体が弱いと入通院で心身共に親は大変

赤ちゃん

体の弱い子供の場合入通院を繰り返す事になるので、親は本当に大変です。特に幼少期は、子供は泣く事でしか不調を伝えられないので。また、産後すぐは親の体調も完全に回復していないので、精神面と共に体力面も相当堪えます。

膀胱炎で泌尿器科の診察を受ける事に

泌尿器科の診察

仕事の疲れによって膀胱炎となってしまいました。膀胱炎は気を付ける事が多いようで、疲れも免疫力の低下を伴うので良くないのだとか。あまり行きたくなかった泌尿器科の診察を受ける事になってしまいましたが、私の勘違いで診察内容は至って普通でした。

不妊治療には専門の病院がオススメ

赤ちゃん

赤ちゃんが欲しくても出来ない夫婦は結構おられます。原因は色々あるようで、一括りには出来ません。中には、赤ちゃんを欲するあまりプレッシャーを感じすぎて妊娠に悪影響を与える場合もあります。なので専門の医者に行き、まず精神的に安心する事も必要です。

眼精疲労からの体調不良

昔なら目を良く使うといえば「本読み」でした。しかし最近は、テレビ・ゲーム・PC・スマホなど目を酷使するシーンが非常に増加しています。便利ではありますが、眼精疲労になりやすい環境といえます。眼精疲労は目だけでなく体調不良の原因にもなるので注意が必要です。

人生初の入院そして手術を経験

トイレ

病気の原因は毎日の生活習慣や食生活によって蓄積されています。ただ、いつ症状が発生するかわかりません。なるべく発病する前に健康診断などを受けて早めの治療を受けたいところです。今回の体験談では突然発症し、入院・手術と痛い思いをした人の話です。

繁忙期に急な発熱で病院へ…

発熱

社会人になればインフルエンザに対しては予防接種などの対策をしているとは思いますが、それでも感染してしまう場合があります。突然の発熱でも、仕事や約束があって欠席する事は難しい状況となる場合もあります。そんな時は無理せず医者に診てもらいましょう。

右副腎に腫瘍による原発性アルドステロン症

泌尿器科の診察

病気になると体や病院などについて知らない事が多かった事に気付きます。私もその内の一人で、泌尿器科は漢字のまま尿に関する専門だと思っていました。ところが腎臓、副腎も専門であると原発性アルドステロンになって初めて知りました。

脳波の検査入院-身動き出来ない苦痛

病室

検査入院というのは、健康診断等で病気は発病していないが、何か異常な数値があった場合に実施される事が多く、基本的には体は元気な状態で検査を受ける事になります。動く元気が有り余っているので、入院生活はかなり苦痛に感じてしまう事でしょう。

急な高熱と頭痛で内科クリニックへ

発熱

看護士は病院の顔とは言いすぎではないかもしれません。患者と関わる時間は医者よりも看護婦の方が長い場合が多いのがほとんどだからです。医者がきっちり診断をしてくれても、看護婦の態度が悪いと二度とその病院には行きたくないと感じる人は少なくないはず。

胃腸炎ですぐに病院に行って大丈夫だった話

腹痛

腹痛や下痢を伴う胃腸炎。食事が出来ない状態になるので、体力も奪われてなかなか安静にしているだけでは治りくい病気ですよね。胃腸炎になってしまったら早く病院にいって治すようにしましょう。また、普段の食事に気をつけて、ストレスを軽減するようにしましょう。